生活情報配達

一人暮らしや新生活に人気オススメ炊飯器5選 価格や選ぶ時のポイント、丁度良い容量サイズについて

投稿日:

一人暮らしを始める時に大切になってくるのが家具や家電です。

必要最低限だけ揃えるという人もかなり多いです。

でもやっぱりおいしいご飯を食べたいと思うのではと思います。

 

一人暮らしと言え、自宅に1つは置いておきたい家電に炊飯器があります。

ここでは一人暮らしに丁度良いオススメ炊飯器を紹介したいと思います。

炊飯器を選ぶ時のポイント

炊飯器のサイズ

炊飯器には色々なサイズがあります。

小さいサイズは1.5合からあり、大きいサイズは8.5合程あります。

 

一人暮らしとなると、小さいサイズの炊飯器がオススメです。

容量表記は2合~3.5合が良いと思います。

炊ける量はおおよそ6膳程度となります。

 

ギリギリのサイズだと不便な所もありますが、大きすぎても問題があります。

大きい炊飯器の方が消費電力が大きくなります。

 

また、大きな炊飯器で少量のご飯を炊いた場合は味が落ちてしまいます。

ですので、用途に合わせた適正サイズを選ぶ事が大切になります。

 

マイコン・IH・ガス炊飯器

炊飯器を加熱する方法には、マイコン、IH、ガスと大きく3種類の方法があります。

この加熱方式の違いで価格が変わってきます。

 

マイコン炊飯器

マイコン炊飯器とは、ヒーターが釜の底部分のみにあります。

その熱が釜に伝わって炊飯する仕組みになっています。

 

釜全体が発熱するIH炊飯器に比べると、熱の強さは弱くなります。

小容量の3合炊きには多くありますが、大きい容量でのマイコン炊飯器は減少傾向にあります。

 

IH炊飯器

IH炊飯器は炊き上がりにムラがなく、主流になってきている炊飯器です。

IHとは、電磁誘導加熱(Induction Heating)のことになります。

IH炊飯器は、電磁の働きで内釜自体が直接発熱するため、全体にむらなく熱を伝えることができ、さらに高火力で一気に加熱することができます。

 

ガス炊飯器

ガスならではの強い火力が魅力になります。

最近のガス炊飯器には、タイマー機能や保温機能(電子ジャー)など付いていたりするので、選択肢の1つにしても良いと思います。

 

炊飯器の内釜

内釜選びも炊飯器を購入するときの大切なポイントになります。

自分の好みの炊き上がりに近いものを選ぶのが良いと思います。

 

厚釜

釜が厚くなっており、熱を蓄えて包み込むように炊き上げられます。

厚釜の厚さの定義は明確ではなく、メーカーにより様々ですが、おおよそ2.3mm以上の厚みから「厚釜」と呼ばれているようです。

 

多層釜

7層・8層・9層と、層の数はメーカーにより色々とあります。

多層の効果は、銅・金・ダイヤモンドなど、熱伝導率の高い素材を中や外側に使用できることになります。

これにより強い火力をより伝える事ができます。

 

真空釜

真空層を持つタイプになります。

構造は魔法ビンと同じなので熱を逃しにくくなっています。

熱自体を釜に奪われないため、熱を早く内部に伝えるので、熱効率が良いと言われます。

多層・厚釜と比較すると軽いので、使いやすいというのも長所になります。

人気オススメ炊飯器

ナールナッド ちょい炊き炊飯器

「ちょっと一杯」のご飯が美味しく炊ける炊飯器で、一人暮らしにオススメです。

内釜の内面にはふっ素樹脂加工を施してありるので、汚れが落としやすくお手入れも簡単に出来ます。

 

お茶碗一杯(0.5合)から3杯分(1.5合)まで、美味しく炊く事が出来ます。

価格も安く5,700円程で購入できます。

➡ナールナッド ちょい炊き炊飯器の詳細はコチラからどうぞ

 

小容量マイコン炊飯ジャー

約1.2倍の火力で炊き上げ、ムラを少なくし芯までふっくらとしたご飯を炊き上げます。

蒸らしの時も、釜底と上蓋のヒーターがご飯のべちゃつきの原因となるつゆを抑え、しゃっきりと炊き上げます。

 

また、ミネラルや食物繊維がたっぷりと入った雑殻米や玄米を炊く事も出来ます。

黒厚釜5mmで蓄熱性を高めており、広く浅い形状が、側面まで熱をしっかりと伝えます。

➡小容量マイコン炊飯ジャーの詳細はコチラからどうぞ

 

タイガーマイコン炊飯ジャー

簡単操作で手軽にご飯を炊く事が出来ます。

家電に詳しくない方でも簡単に操作する事が出来ると思います。

 

軽量カップ、しゃもじ、しゃもじ受けなども付属しているので、新生活にはオススメな炊飯器です。

➡タイガー 炊きたて マイコン炊飯ジャーの詳細はコチラからどうぞ

 

小容量IH炊飯ジャー

ふきこぼれを気にせずに、沸騰後も火力を引かずにIHの高火力で炊き続けます。

強火で炊き続ける事で、ご飯の甘味がさらにアップします。

 

熟成炊きで時間をかけ、水に浸し芯までじっくりと吸水させます。

芯まで行き渡った水は、お米の芯からアルファ化を促進し、ふっくらとおいしいご飯になります。

 

保温の選択も2つする事ができ、30時間おいしい保温をする事が出来ます。

また、お手入れも簡単にする事ができる設計になっています。

➡小容量IH炊飯ジャーの詳細はコチラからどうぞ

 

圧力IH炊飯ジャー

ちょっと贅沢なご飯が炊ける圧力IH炊飯ジャーです。

充実した機能が付いており、満足した使用ができるのではと思います。

 

【機能】

  • 圧力IH
  • うまみ圧力蒸らし
  • 熟成炊き(白米・玄米)
  • 豪熱沸とう
  • 全面加熱
  • 保温選択(うるつや・高め保温)
  • あったか再加熱
  • フラット庫内
  • 洗える内ぶた
  • 内釜洗米OK
  • 時計式2メモリータイマー
  • お知らせメロディー
  • 親切目盛(0.5カップごと)

好みの味に炊き分ける4通りの炊き分け圧力を採用しています。

➡圧力IH炊飯ジャーの詳細はコチラからどうぞ

 

人気オススメ炊飯器まとめ

オススメ炊飯器を5選紹介させて頂きました。

炊飯器は自宅に1つは置いておきたい家電です。

 

まず、購入する時は3つのポイントがあり、

  • 炊飯器のサイズ
  • マイコン・IH・ガス炊飯器
  • 炊飯器の内釜

になります。

 

今回紹介させて頂いたオススメ炊飯器5選

になります。

どういったご飯を食べたいかに合わせて炊飯器を選ぶと良いのではと思います。

 

また、炊飯器と一緒に炊飯器下トレーも購入すると使い勝手が良くなり便利だと思います。

➡キッチン収納用品 炊飯器下スライドトレーの詳細はコチラからどうぞ











-生活情報配達

Copyright© 情報配達屋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.