生活情報配達

カジノディーラー養成学校について 卒業するまでの期間や卒業後は?授業の内容や給料について

投稿日:

 

ニュースなどで何度も「カジノ法案」という言葉を聞いたことがあると思います。

正式には「IR推進法案」と言い、日本では違法となっていたカジノが解禁される動きになっています。

カジノが解禁される事により、経済効果が期待される部分もありますが、治安の悪化や依存症に対する不安の声もあり賛否両論の意見があります。

 

カジノ解禁に伴い始まっているのが「カジノディーラー養成学校」です。

カジノ学校の授業ってどんな感じなのでしょうか。

ここではカジノディーラー養成学校について紹介したいと思います。

カジノディーラー養成学校について

カジノ学校は、ディーラーや講師を目指す人のための学校になります。

ルーレット、ブラックジャック、バカラ、ポーカーなどのカジノで行うゲームをひと通り勉強します。

 

学校を卒業するのにかかる期間はおおよそ6か月~1年間程となっています。

卒業後はどうなるかというと、講師になるためのインストラクター試験の受験資格も得られます。

 

カジノは安全なの?

カジノと聞くとなんだか危険なイメージがあると思います。

しかし日本で進められているIR(統合型リゾート)にはそんな心配は無いようです。

IR(統合型リゾート)というのは、カジノを中心とする施設という感じではなく、エンターテイメント施設としての役割が大きくなります。

ギャンブルというより娯楽施設という感じです。

 

シンガポールのセントーサ島の様な感じで、遊園地や買い物施設、スパなどが一緒になっている施設の中にカジノがあるイメージです。

カジノが出来ると言われていますが、カジノだけができる訳ではない様です。

 

ディーラーの給料は?

ディーラーの給料がどのくらい貰えるのか気になるところです。

地域や各国の差はありますが、おおよそ公務員の1.5倍という事です。

ディーラーになるためには犯罪歴などもしっかり調査されます。

カジノディーラーという職業に就けただけで、ある種のステータスとしてもみられる事になります。

世界ではなりたい職業にかなり上げられていると言う事です。

 

さらに「チップ」としてサービス料をもらえたりもします。

ディーラーとして経験を積むと、VIP席などの高額な金額を扱うテーブルを任されたりするようになります。

となると必然的にチップの額も大きくなっていきます。

 

カジノ学校卒業後の進路は?

カジノ学校を卒業し、ディーラーが出来るようになったとしても日本にはまだカジノがありません。

となると進路はどうなるのでしょうか。

 

実際さまざまな方向性があり、卒業後海外に行き、海外のカジノディーラーになったり、日本のアミューズメント施設でゲームカジノのディーラーになったり、カジノ学院の講師になったりするという事です。

 

カジノ学校授業の内容

ルーレット

ルーレットと言えばカジノでは定番で、代表的なゲームになります。

ゲームなどではルーレットをした事がある人は多いのではと思いますが、実際のルーレットを経験した事がある人はそんなに多くないと思います。

 

ルーレットのルールは至って単純で、数字が「0」「00」「1~36」とあり、色が黒と赤に分かれています。

その数字のどこに玉が入るか予想します。

 

配当も色々と別れており、赤か黒どちらに入るか当てれば2倍となり、「1~12」「13~24」「25~36」など3分の1の予想を当てると3倍になります。

賭け方は数種類あり、賭け方によって配当も変わってきます。

1つの数字をぴったりと当てると36倍の配当となります。

 

ルーレットのディーラーとして学ぶ事は、ルーレットの回し方とチップの扱い方です。

チップは大きさが決まっており、世界標準サイズがあります。

ルーレットではチップを大量に賭けているイメージがありますが、最低レートは1枚100円からになります。

 

ルーレットの玉の回し方は、人さし指と中指で挟むようにして、力強く弾きます。

簡単そうに感じますが、玉に勢いがなくうまくルーレットの溝を回らないなど、やってみると意外と難しいです。

しかし、練習すれば誰でも出来るようになるという事です。

 

また、ルーレットをするディーラーは狙った場所に球を落としているという話を聞いたことがあると思います。

ですが、実際はそんな事はできず都市伝説のような感じなのです。

 

ブラックジャック

まず最初は普通にゲームを行い、その後ディーラーとして色々な技術を学んでいきます。

カードを切ったり、配ったり、めくったりするのにもかなりの技術が必要になります。

 

ブラックジャックの教科書なんかもあり、聞きなれない「ダブルダウン」「スプリット」という言葉もあったりしますが、講師の方がしっかりと教えてくれます。

基本的な指導方法は、実際にゲームをやりながらになるので分かりやすいと思います。

授業という感じがあまりなく楽しみながら学ぶ事が出来ると思います。

 

カジノディーラー養成学校まとめ

カジノというと危険なイメージがありますが、あくまでも娯楽施設の一環として出来るようです。

パチンコ店のように駅前にたくさんできる訳ではなさそうなので、依存性の心配もそこまで高くないと思います。

 

カジノ学校を卒業すると、

  • 海外のカジノディーラー
  • ゲームカジノのディーラー
  • カジノ学院の講師

などの進路があるという事です。

給料も場所によって違いはありますが、公務員の1.5倍程という事です。

しかし、ディーラーになるにひあ過去の犯罪歴なども確認されるので、誰もがなれるという事ではありません。

 

-生活情報配達

Copyright© 情報配達屋 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.