パチンコ・スロット情報

スロット6号機って勝てるの?機械割、出玉率、払い出し枚数などの内容や各設定での勝率や5号機との比較

投稿日:

2018年の2月にパチンコに新規制が施行され、スロットは遂に6号機となります。

6号機は「勝てる気がしない・・・」「スロット終了でしょ・・・」「スロット辞め時だ・・・」などと声が上がっています。

 

6号機になるとスロットはどうなってしまうのでしょうか。

もう6号機だと勝つことは出来ないのか・・・

ここでは6号機の機械割など内容の紹介したいと思います。

6号機の内容について

過去にも規制が変更した事は何度もありましたが、今回の新基準は今までに無いほど厳しい内容になります。

パチスロ6号機の主な変更内容

  • 大当たり時におけるメダルの総払い出し枚数が480枚から300枚に低下
  • 出玉率が120%以下から105%以下まで低下

になります。

 

大当たり枚数低下に出玉率低下となり、5号機でもあまり勝てる気がしなかったのが更に勝てる気がしなくなってしまいます。

恐らくAタイプのジャグラーでさえ厳しい内容になると思われます。

2018年6号機新ジャグラー登場!新基準に適応するその規制内容は?払い出し枚数、出玉率、機械割について

2018年2月からパチンコ業界には新規制が施行となり、今までよりも出玉が少なくなってしまいます。 と言っても2月になったら現状の台がすぐに撤去される訳ではありません。 2018年2月から発売されるパチ ...

続きを見る

 

機械割・出玉率について

機械割とは

機械割とは、遊技した時の出メダルの払い出し率(ペイアウト)になります。

遊技時間内に投入したメダルの累計枚数に対して、投入枚数を100%とすると「払い出された枚数/投入された枚数×100」で求める事ができる数値です。

 

例えば、機械割110%の場合は、8,000回転分(24,000枚)メダルを投入したとすると、26,400枚が放出される概算になります。

メダルが1枚20円として計算すると、24,000枚=480,000円の投資に対して、528,000円獲得となるので、48,000円分が勝ち分となります。

 

逆に機械割が100%以下の95%の台に8000G=24,000枚投資したとすると、22,800枚放出で1200枚の減数という概算となります。

480,000円の投資に対して払戻しは45,6000円となり、24,000円の負けとなる計算になります。

 

簡単に言うとメダル投入枚数に対してどのくらい払い出されるかを表した数値という事です。

 

5号機の機械割・出玉率は

おおよそですが、各設定の機械割は

  • 設定1:96%~97%
  • 設定2:98%~99%
  • 設定3:100%前後
  • 設定4:103%~108%
  • 設定5:109%~112%
  • 設定6:113%~120%以下

といった感じです。

 

新基準機6号機の機械割・出玉率は

6号機では機械割が120%から105%に低下となります。

となると各設定でどんな感じになるのでしょうか。

  • 設定1:96%~97%
  • 設定2:98%~99%
  • 設定3:99%~100%
  • 設定4:101%~102%
  • 設定5:102%~103%
  • 設定6:104%~105%以下

と、こんな感じになると思われます。

 

5号機と6号機の比較

では、実際に5号機と6号機を比較してみたいと思います。

8,000回転した時の収支の差はどのくらいあるのでしょうか。

 

5号機の場合

設定1

96%とした場合、24,000枚投資に対し、払い戻しが23,040枚なので、差枚数は-960枚となります。

金額換算すると、19,200円の負けとなります。

 

設定2

98%とした場合、24,000枚投資に対し、払い戻しが23,520枚なので、差枚数は-480枚となります。

金額換算すると、9,600円の負けとなります。

 

設定3

100%とした場合、24,000枚投資に対し、払い戻しが24,000枚なので、差枚数は±0枚となります。

 

設定4

103%とした場合、24,000枚投資に対し、払い戻しが24,720枚なので、差枚数は+720枚となります。

金額換算すると、14,400円の勝ちとなります。

 

設定5

109%とした場合、24,000枚投資に対し、払い戻しが26,160枚なので、差枚数は+2,160枚となります。

金額換算すると、43,200円の勝ちとなります。

 

設定6

113%とした場合、24,000枚投資に対し、払い戻しが27,120枚なので、差枚数は+3,120枚となります。

金額換算すると、62,400円の勝ちとなります。

 

6号機の場合

設定1

96%とした場合、24,000枚投資に対し、払い戻しが23,040枚なので、差枚数は-960枚となります。

金額換算すると、19,200円の負けとなります。

 

設定2

98%とした場合、24,000枚投資に対し、払い戻しが23,520枚なので、差枚数は-480枚となります。

金額換算すると、9,600円の負けとなります。

 

設定3

99%とした場合、24,000枚投資に対し、払い戻しが23,760枚なので、差枚数は-240枚となります。

金額換算すると、4,800円の負けとなります。

 

設定4

101%とした場合、24,000枚投資に対し、払い戻しが24,240枚なので、差枚数は+240枚となります。

金額換算すると、4,800円の勝ちとなります。

 

設定5

102%とした場合、24,000枚投資に対し、払い戻しが24,480枚なので、差枚数は+480枚となります。

金額換算すると、9,600円の勝ちとなります。

 

設定6

104%とした場合、24,000枚投資に対し、払い戻しが24,960枚なので、差枚数は+960枚となります。

金額換算すると、19,200円の勝ちとなります。

 

6号機の勝ち分比較

5号機と6号機の勝ち分を比較(6号機-5号機)してみると、

  • 設定1:±0
  • 設定2:±0
  • 設定3:-4,800円
  • 設定4:-9,600円
  • 設定5:-33,600円
  • 設定6:-43,200円

となります。

 

5号機と比較するとこれだけの金額が勝てなくなってしまう事になりそうです。

6号機場合は設定6を終日打ったとしても、期待値は2万円程なのです・・・

 

新基準6号機のまとめ

6号機は5号機と比べると勝ちにくくなる事が予想されます。

比較した結果

  • 設定1:±0
  • 設定2:±0
  • 設定3:-4,800円
  • 設定4:-9,600円
  • 設定5:-33,600円
  • 設定6:-43,200円

となりました。

設定6を終日打っても2万円程しか期待値が無いので、ほとんどギャンブル性はなくなってしまいます。

 

スロットは時間潰しにするという感じになりそうです。

これであれば最近流行りつつある電子マネーが貰えるオンラインスロットをやった方が楽しめるかも知れません。

オンラインスロットであれば、24時間どこでも遊べるし、パソコン・スマホなどの携帯から気軽に遊べます。

交換出来る景品には電子マネー等の金券も多く含まれいます。

 

6号機になったらオンラインスロットの方が流行る可能性がありそうです。

 

-パチンコ・スロット情報

Copyright© 情報配達屋 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.