パチンコ・スロット情報

パチンコ業界激震!2018年からの新基準で業界やユーザーはどうなるのか

更新日:

パチンコ業界と言えば色々と基準が変化しています。

イベントが禁止になったり、釘調整が禁止になったり・・・

射幸性を煽る事を少なくするために規制がかかっています。

 

そんな中でもなんだかんだで強いのがパチンコ業界です。

しかし、今回はかなりの大打撃になる規制が発生します!

 

パチンコ2018年からの新基準

釘調整不可

2018年2月から釘調整不可になります!

今までも調整はダメとされていましたが、うまい事調整しているのがお店側でした。

しかし今回はなんとパチンコ台のドアが開かない仕様になるらしい!

それによって現行基準は300万台全撤去!

 

パチンコ店の釘調整はかなりエグい店舗が多いので、ユーザーからすると良い規制なのかも知れません。

➡パチンコ店の釘調整がエグい!元大手釘師が語る店側が利益を出す裏技を紹介 回転数以外にもある重要なポイント

 

パチンコ台の損害

パチンコ台が1台30万円だとするとその額実に9,000億!

これはひどい・・・

恐らく現行基準台をドアが開かない仕様にする変更をし、届出を出せばOKになると思います。

そうでなかったら9,000億分のパチンコ台が・・・

処分もどうするんでしょうか・・・

さすがにその辺りの事も考えていると思います。

➡パチンコ店スロット店が閉店する理由5選 新規顧客、出玉、規制、新台入替、大手企業の存在などについて

 

パチンコ店への影響

今までなんだかんだで釘調整をしていたお店側ですが、ドアが開かない仕様になってしまったら調整が出来ません。

(玉掛かりなどのトラブルはどうやって対応するのか謎ですが・・・)

 

それによって店側はどのくらい損害がでるんでしょうか。

パチンコ台を作るメーカー側は、自分達が作った台が売れて欲しいので、たくさん回るような釘位置、当たった時の出玉がたくさん出るような釘位置でゲージを作成します。

店側は利益を取りたいので、回らないような調整、当たった時の出玉を削る調整をします。

 

しかし、この釘調整が出来ないとなると、良く回り、出玉の多い台になります。

基本的にメーカーから来たばかりのパチンコ台は釘調整していないので、よく回るし、出玉も多いです。

今後出荷されたのを調整無しで設置するとなると店側は利益を出すのがかなり難しくなります。

今までの半分も利益が出なくなるのではないかと思います。

オンラインスロットで稼ぐ スマホやPCで24時間いつでもどこでも遊びるアプリが大人気!

休みの日や仕事帰りなんかにパチンコ屋に行き楽しんでいる人は多いと思います。 休みの日であれば朝から閉店まで遊ぶ事は可能ですが、仕事帰りとなると閉店するまでそれほど時間がありません。 確率大当たりが続い ...

続きを見る

パチンコ店の対策

ドアが開かない仕様になると言っても、トラブルが発生したときに対処出来るように開く方法はあると思います。

なので、なんだかんだで釘調整をすると思います。

しかし、本当にドアが開かない仕様だったら利益は取れません。

 

ではどうすればいいんでしょうか・・・

 

当然閉店するパチンコ店も出てくると思います。

現状パチンコ店は大手が大規模なパチンコ店を出店していき、個人店などの小さなお店は潰れています。

今後はそれがもっと露骨になると思います。

利益が減る対策になるのが稼働を上げる事です。

言わば『薄利多売』で今までと同じ利益を確保しなくてはなりません。

パチンコのユーザーは減少傾向ですが、今回の規制により、ユーザーが増える事が予想されます。

 

また、お客さんが勝ちやすくなるので、リピーターも期待できます。

ヘビーユーザーが多いパチンコのお客さんですが、ライトユーザーが増えてくる可能性があります。

店側は今まで以上にお客さんを獲得しなくてはなりません。

 

となった時に、大型店が圧倒的有利です。

 

さらに、各店で釘に差がなくなるのならば、遊技台以外の付加価値のあるお店が有利になります。

同じ釘なら付加価値というサービスの差がお客さんを分けると思います。

依存してしまうと家族を犠牲にしてしまう可能性があります。

やりすぎにならないよう注意しましょう。

 


パチンコの経済学 内側から見た30兆円ビジネスの不思議 [ 佐藤仁 ]

 

2018年に新規制がかかる理由はコチラです。

➡パチンコ業界が2018年に新規制が施行される理由は?今回の新基準出玉規制は今後の存続を揺るがす

 

2018年パチンコ新規制のまとめ

新規性により、お客さん側はパチンコが遊びやすくなると思います。

新規ユーザーや、昔はパチンコしてたけど、今はやっていないというお客さんが戻ってくる可能性があります。

そういうお客さんを店側は獲得しないと潰れてしまいます。

 

薄利多売はやはり大手が有利です。

お客さんは今はパチンコを控えめにして新規性後にたくさん打つのがオススメです。

店側は今からお客さんの獲得をしていかないと新規性後生き残れないでしょう。

 

また、オリンピック開催とパチンコ規制が関係があるという噂がありました。

その件についても調べて見ましたのでコチラをどうぞ

➡2018年パチンコ新規制と2020年東京オリンピック開催の関係性について調べて見ました

 

-パチンコ・スロット情報

Copyright© 情報配達屋 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.