パチンコ・スロット情報

2018年新規制に伴いパチンコ業界は認定申請ラッシュ!本当にやばいのは2020年から!?

更新日:

パチンコ業界は2018年2月(平成30年)に新しい遊技規制が施行されます。

この規制には出玉制限などがあり、ユーザーからしてみるとかなり厳しい規制になります。

それによってネット上ではパチンコは終わったなどと話題になっています。

➡2018年2月パチンコ・スロット新規制 ネットの声やパチンコ店の今後にについて

 

しかし、実際はそうではありません。

2月1日以降も現状の台はホールに残っている状態です。

新規制が施行されるにも関わらず、何故現行機がそのままホールで稼働しているのか。

 

それは認定申請をしているからです。

ここでは、認定についてと本当にやばいのは2020年からと言う理由について紹介したいと思います。

認定申請について

認定申請とは

パチンコ台やスロット台は、都道府県公安委員会の許可(検定)を得れば、3年間設置することが可能です。

検定期間の3年間が終了しても、再度公安委員会の許可(認定)を得れば、更に3年間は設置することが出来ます。

一般的にホールは、購入した遊技台を6年間使用することが出来るのです。

 

現行台は2018年2月以降も稼働できる

今回の規則改正には、経過措置期間が設けられています。

新規制が施行されるからと言って、一気に全台撤去するというのは現実的ではなく、ホールの費用負担莫大になり、メーカー側も遊技機を作る生産も追いつきません。

 

今回の規則改正に関わる経過措置期間は、最大で3年間になります。

現状、ホールに設置されている遊技台は、その遊技台の検定期間もしくは認定期間の満了日までは設置する事が可能なのです。

しかし、規則改正日以降に検定期間を満了した遊技台は新たに認定を取得することは出来ません。

 

前倒し認定

地域や遊技台によって例外もありますが、設置後期間が過ぎている遊技台に関しても、規則改正日前に認定の取得(前倒し認定)が出来ることになりました。

そのことから、新規制後も新しい遊技機であれば、約2年半~3年間は設置ができるという事になります。

 

ネット上などでは、2018年2月にパチンコは終わりという声が上がっていますが、実際はそうではないのです。

現行台を認定申請し、その期間が切れる2020年からが本当にやばい事になる時期なのです。

パチンコ店の給料と待遇 アルバイトや正社員の気になる仕組や給料体系ボーナスを紹介

パチンコ店の給料ってどのくらいなのでしょうか。 パチンコ店で正社員、アルバイトとして働きたいと思っている人の中には気になる人が多い様です。 働く店舗によって差があるので、働くのであれば高収入・好待遇の ...

続きを見る

 

パチンコ店は認定申請ラッシュ!

2018年2月に新規制が施行されるに伴い、前倒し認定ができるようになりました。

そのため、どのパチンコ店でも前倒しでの認定申請が殺到している状態になっています。

 

認定申請台数が多すぎる

全国に約10,000店舗程あるパチンコ店ですが、東京都の申請台数だけでも約16万台という事です。

この台数は代表的な人気機種だけではなく、バラエティーコーナーの台や低玉貸の台も含め、全部認定申請しようというホールが多いのです。

 

新基準で出た新台がどうなるのか分からないので、現行台を出来るだけ多く長い間使用したいと思うからです。

 

認定申請への対策

全国遊技機商業協同組合と回胴式遊技機商業協同組合は、ぱちんこ遊技機および回胴式遊技機の認定申請に関する要望を全日遊連に提示しました。

「2017年1月以降に発売されたぱちんこ遊技機を認定した場合、検定機としての移動ができなくなる」ことや「膨大な認定申請依頼が予想され、全ての申請業務を行うにあたり期間内での処理が完了できるか非常に懸念される」という意見が多く挙がりました。

 

さらに中古機売買による設置が不可能になりホールの資産価値の減少にも繋がる恐れがあるとの意見もありました。

 

これを踏まえ、全商協では10月17日付で「2017年1月以降に発売されたぱちんこ遊技機の認定申請依頼においては、極力控えていただきたい」と要望を提示しました。

 

一方、回胴遊商では10月12日付で全日遊連に対し「短期間に保証書作成手続きが集中した場合、および事務処理機能の範囲を大きく上回る書類発給依頼があった場合は、通常の保証書発給機関より多くの日数を要する可能性があること」への理解を求める文書を提出しました。

 

できるだけ多くの申請業務が行えるよう「優先的に近々で検定有効期間が満了する遊技機の申請を行っていただき、検定有効期間を2年以上残している遊技機に関しては極力申請を控えていただきたい」との要望を提示しました。

➡パチ&スロ動画が大量! 見放題!!詳細はコチラから

認定ラッシュまとめ

認定申請を取れば3年間設置する事が可能となります。

現行台を出来るだけ長い期間設置したいと考えるパチンコ店では、新規制前の時期に現行台を出来るだけ多く認定申請を取ろうとしています。

 

2018年2月からは新規制が施行されパチンコはやばいとネット上などで話題になっていますが、実際は現行台の認定が切れる2020年ぐらいからが本当にヤバイ時期になるのです。

といっても、今後出てくる新台は新基準での台なので、出玉の期待は出来ないと思います。

 

現行台をどれだけ残し、お客さんを減らさずに営業出来るかがパチンコ店にとって重要になってくると思います。

 

今まで新台を楽しみにしていた人は多いと思いますが、新基準後の新台は出玉感がなくあまり楽しめないのではと思います。

規制前に稼働している台も2020年には撤去しなくてはならなくなるので、本当に大変なのはそれからになると思います。

2018年パチンコ新規制後の立ち回り方は?新基準機では勝てない理由と今後の楽しみ方について

2018年2月にパチンコ業界に新たな新規制が施行されます。 今回の規制は今までにないほど厳しい内容になっていて、パチンコ業界に激震が走っています。   年々減少傾向にあるパチンコ店ですが、新 ...

続きを見る











-パチンコ・スロット情報

Copyright© 情報配達屋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.