電子タバコ情報

アイコス(iQOS)は非喫煙者になるの?加熱式タバコの正しい知識と通常のタバコとの違い

投稿日:

通常のタバコから加熱式タバコに変更している人が増えてきています。

通常のタバコと比べると健康的だし、壁が黄ばんだりしないなどが人気の理由にあります。

加熱式タバコにもかかわらず、タバコを吸っている感じになれるのも人気の秘密です。

 

加熱式タバコはアイコスだけではなく、グローやプルームテックなども人気があります。

では、加熱式タバコを吸っている人は非喫煙者と言えるのでしょうか。

通常のタバコとアイコスの違い

タールの量について

タバコに含まれている『タール』が健康に良くありません。

タールは葉が燃える時に発生するものなので、通常のタバコは必ずタールが発生します。

 

しかし、電子タバコは火を使わず加熱します。

そのため、発生するのは煙ではなく『水蒸気』になります。

だからと言って、タールが0%になる訳ではありません。

 

通常のタバコと比べると、タールの量は少ないですが含まれています。

電子タバコは約90%タールをカット出来ていると言われています。

 

ニコチンの量について

タバコには『ニコチン』が含まれていて、このニコチンが依存性が高いため吸い始めてしまうと禁煙するのが難しい原因となっています。

加熱式タバコにも少量ですがこのニコチンは含まれています。

 

また最近では『吸うアロマ』という電子タバコが流行ってきています。

アイコスやグローなどとはまた違った感じのタバコになります。

➡吸うアロマSMOOTH VIPニコチンゼロのリラックスアイテムが登場!人気の秘密や最安値について

 

iQOS(アイコス)は非喫煙者なの?

アイコスは加熱式タバコだから非喫煙者と思っている人がかなりいるようです。

しかし、通常のタバコ同様に喫煙者となります。

 

iQOSのホームページの説明文などを都合よく解釈して、安心安全で健康を害さないと思っている人がいるようです。

実際アイコスの危険性などを発信しているところは少ないですが、けっして健康的で安全な物ではありません。

通常のタバコと比較すれば安心で健康的な部分が多いと言うだけなのです。

 

また、アイコスは通常のタバコよりもコストがかかります。

1箱の金額は460円で、通常のタバコとほとんど変わりません。

 

また、本体を購入しないとアイコスを吸う事が出来ませんので、本体を購入する分コストがかかってしまいます。

それに本体は故障しやすく、故障した経験を持っている人は多くいます。

故障したときにカスタマーセンターに連絡してもなかなか繋がらず、交換するのも時間が掛かってしまいます。

➡電子タバコiQOS(アイコス)故障・不具合・トラブル対応 カスタマーセンターと全然連絡が取れない

 

禁煙エリアで吸ってもいいの?

アイコスは火を使うタバコではないし、発生している煙は水蒸気なので副流煙がありません。

なので、どこでもアイコスを吸ってもいい様に感じます。

 

しかし、実際は都道府県によって定められていて各地域によって異なります。

喫煙エリアで吸わなくてはいけない地域もあれば、どこでも吸ってよい地域があります。

 

アイコスを吸う場合は、自分のいる地域がどういう決まりになっているのかを知る必要があります。

もし分からなかったら喫煙エリアで吸うのが無難だと思います。

 

iQOS(アイコス)まとめ

アイコスは健康的で安心安全と思っている人が多い様です。

たしかに通常のタバコと比べるとタールやニコチンが少なく健康的に感じます。

しかし、タールやニコチンが含まれているので、決して健康的ではありません。

 

病院の健康診断などで喫煙しているかどうか聞かれる事がありますが、アイコスを吸っている人は禁煙者になります。

煙草を吸っていない人からしたら、加熱式タバコであっても良い気分にはなりません。

ですので、非喫煙者の方には十分に配慮する必要はあります。

 

加熱式タバコを吸っている人のマナーが悪いと言う意見も上がっているので、通常のタバコ同様にしっかりとマナーを守る必要があります。

➡iQOS(アイコス)やglo(グロー)喫煙者のマナーが悪い?!守りたい気を付けたい内容3選を紹介

 











-電子タバコ情報

Copyright© 情報配達屋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.