電子タバコ情報

加熱式タバコglo(グロー)2017年10月全国販売開始に 2年後には海外でも販売予定

更新日:

2016年12月12日に国内販売された加熱式タバコglo(グロー)は、販売当時は宮城県仙台市のみで販売していました。

購入できるのも仙台市に住んでいる人しか出来ませんでしたが、東京・大阪にもgloストアが展開されました。

それに伴い、仙台市では誰でも購入出来るようになりました。

2017年7月3日大阪にgloストア梅田店がオープンし、2017年7月21日東京にgloストア青山店がオープンしました。

glo(グロー)の売れ行きは好調で2017年10月には全国展開へ発展するとの事です。

 

加熱式タバコglo(グロー)人気の理由

仕様が良く故障しにくい

電子タバコなのでやはり故障はするものですが、グローは故障しにくい仕様になっています。

アイコスは故障が多く、カスタマーサポートに連絡してもほとんど繋がらない状態です。

➡電子タバコiQOS(アイコス)故障・不具合・トラブル対応 カスタマーセンターと全然連絡が取れない

グローは加熱する本体が大きめなのでアイコスよりもトラブル数は少ないようです。

 

コストが安い

グロー初期購入時の本体価格は8,000円で、ネオスティックは1箱420円です。

通常のタバコを購入するよりも1箱の金額は安く購入できます。

また、アイコスは1箱460円なので、アイコスよりも40円安く購入する事ができます。

詳しく調べた記事があるので、良かったらご覧ください。

➡電子タバコglo(グロー)とiOQS(アイコス)費用やコスト長く吸うならどちらがお得か調べてみた

 

関連商品が豊富

グロー人気に伴い、専用ケースカバーやデコレートできるスキンシールも豊富に販売されています。

専用ケースは持ち運びに便利なだけではなく、落としてしまった時などの衝撃防止にもなります。

またスキンシールの種類も豊富で、自分好みのグローにカスタマイズする事ができます。

今ではオリジナルのグローにデコレートしている人が多いです。

➡電子タバコglo(グロー)の専用ケースが話題に!人気ケースカバーオススメ5選

➡電子タバコglo(グロー)を簡単にカスタマイズ デコレートできる人気おすすめスキンシール(ステッカー)の紹介

➡電子タバコglo(グロー)スキンシールでシンプルにカスタマイズ 通販で購入できるオススメステッカー

➡電子タバコglo(グロー)スキンシール 個性的でオシャレで目立つおすすめデザインステッカーの紹介

 

glo(グロー)今後の展開について

英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)

BAT本社(ロンドン)の次世代製品担当役員で、グローの開発を指揮したキングズリー・ウィートン氏は、宮城県販売での需要や顧客ニーズなどのデータを蓄積しています。

更に、東京・大阪でのgloストアの売れ行きも好調でグローの売れ行きは急上昇しています。

1年をめどに全国展開を検討していましたが、売れ行きが良く供給体制も十分に確立できたという事で、時期を早めて10月からの全国販売になりました。

 

glo(グロー)が日本で販売になった理由

グローの開発を指揮したキングズリー・ウィートン氏は

「日本の消費者はイノベーティブな製品に寛容だが、製品の品質には非常に厳しい。

日本のユーザーに支持される事が出来れば、世界のどこで販売しても売れると自信がつく」と言っています。

 

また、「規制により日本で加熱式タバコを販売できなかったりするが、加熱式市場は世界でも日本がナンバーワンだと思っている」

とも言っています。

 

海外での販売も予定

供給体制を整え1~2年後をめどに日本以外でも販売する予定です。

海外での販売地域は未定ですが、通常のタバコより初期費用がかかるため、ある程度経済発展した国が候補になります。

ヨーロッパや東欧、韓国やロシアが有力な候補になりそうです。

次世代製品やBAT製品がどのくらいのユーザーを獲得しているのかも考える必要がありますし、たばこ税の扱いも考慮しなくてはなりません。

 

グローの詳細はコチラからも確認出来ます。

 

加熱式タバコglo(グロー)全国販売開始のまとめ

人気上昇中のグローは全国展開の時期を早め2017年10月から開始する事になりました。

時期を早めるなんて売れ行きの好調さが分かります。

今後購入する人がもっと増えてくるとどうしても品薄になり、購入しにくくなってしまいます。

グローを購入するのであれば早めの購入がオススメです。

-電子タバコ情報

Copyright© 情報配達屋 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.